子育てママの悩み ◆ 人生相談屋|悩み相談をじっくりするなら人生相談屋



あなたはいつも悩みに振り回されていませんか?
人生相談屋はあなたの悩み相談を全身全霊で受け止めます!


子育てに苦労されている方は多くいると思います。

その悩みは共通項はあるにせよ、個人個人で微妙に違っていて、容易に解決できないものもあるでしょう。

ただ、子育てにおいて、知っておきたい「視点」というものはあります。

それをこれから、一つ紹介したいと思います。

◆母子の関係とは?

母子の関係とはどういったものでしょうか?

これを容易に説明するのは難しいことではないか、と思います。

母子の関係とは、実は、男女の恋愛関係に似ていると思うのです。

どこがどう似ているのか?

それをこれから説明していきたいと思います。

◆男女の恋愛関係

ren.jpg

つき合い始めの男女関係を想像してみて下さい。

私自身が彼女とした場合、私は彼氏に対して、どんな思い・期待を描くのでしょうか?

A:【彼氏に対して、どういう不安があるのか?】

・本当に私のことが好きなのかしら。
・私のこと、ちゃんと見ていてくれているのだろうか。
・私と会っていて楽しいのだろうか。
・他の女性のことが好きなのではないだろうか。

B:【彼氏に対して、期待していることは何か?】

・彼に甘えたい。
・彼に褒めてもらいたい。
・彼に認めて欲しい。
・彼に抱きしめて欲しい。
・彼に「好き」って言って欲しい。
・彼に自分の味方でいて欲しい。
・彼に優しく接して欲しい。
・彼に優しい言葉をかけて欲しい。
・彼にもっと自分に関心を寄せて欲しい。
・彼に本気で遊んで欲しい。
・彼にスキンシップをとって欲しい。
・彼に時には叱って欲しい。
・彼に一緒に考え、一緒に悩んで欲しい。

C:【彼氏が素っ気ない態度を取った時、どういうリアクションになるのか?】

・「あんたなんて嫌い」と言う。
・不安に陥る。
・イライラする。
・怒りをどこかにぶつけたくなる。
・愚痴りたくなる。
・不満を露わにする。
・悲しくなる。
・泣く。
・彼氏を叩きたくなる。
・彼氏の前で駄々をこねる。
・彼氏を怒らせてみる。
・彼を無視する。
・友人に八つ当たりをする。

D:【彼氏が「好き」って言ってきた時、どういうリアクションになるのか?】

・「私も好き」と言う。
・自信がみなぎる。
・嬉しい気持ちになる。
・舞い上がる。
・笑顔になる。
・喜びを行動で表現する。
・彼氏を抱きしめたくなる。
・彼氏に好かれるような行動をとろうとする。
・彼氏を喜ばせる行為をする。
・彼氏しか眼中にない状態になる。
・友人に自慢したくなる。

◆母子の特殊な恋愛関係

boshi.jpg

母と子の関係を想像してみて下さい。

私自身が母親とした場合、子供は私(母親)に対して、どんな思い・期待を描くのでしょうか?

A:【母親に対して、どういう不安があるのか?】

・本当に自分のことが好きなのかしら。
・自分のこと、ちゃんと見ていてくれているのだろうか。
・自分が母親の子供でいいのだろうか。
・他の事に興味があって、自分には関心がないのだろうか。

B:【母親に対して、期待していることは何か?】

・母親に甘えたい。
・母親に褒めてもらいたい。
・母親に認めて欲しい。
・母親に抱きしめて欲しい。
・母親に「好き」って言って欲しい。
・母親に自分の味方でいて欲しい。
・母親に優しく接して欲しい。
・母親に優しい言葉をかけて欲しい。
・母親にもっと自分に関心を寄せて欲しい。
・母親に本気で遊んで欲しい。
・母親にスキンシップをとって欲しい。
・母親に時には叱って欲しい。
・母親に一緒に考え、一緒に悩んで欲しい。

C:【母親が素っ気ない態度を取った時、どういうリアクションになるのか?】

・「ママなんて嫌い」と思う(言う)。
・不安に陥る。
・イライラする。
・怒りをどこかにぶつけたくなる。
・ぶつぶつ言いたくなる。
・不満を露わにする。
・悲しくなる。
・泣く。
・母親を叩きたくなる。
・母親の前で駄々をこねる。
・母親を怒らせてみる。
・母親を無視する。
・友達に八つ当たりをする。

D:【母親が「好き」って言ってきた時、どういうリアクションになるのか?】

・「自分も好き」と思う。
・自信がみなぎる。
・嬉しい気持ちになる。
・舞い上がる。
・笑顔になる。
・喜びを行動で表現する。
・母親を抱きしめる。
・母親に好かれるような行動をとろうとする。
・母親を喜ばせる行為をする。
・母親に対して、安心感・信頼感を持つ。
・友達との関係も積極的になる。

◆「男女の恋愛関係」と「母子の特殊な恋愛関係」

Cの質問での「素っ気ない態度」とは、図で言うところの「マイナス・リターン」です。

Dの質問での「好き」という行為は、図で言うところの「プラス・リターン」です。



「男女の恋愛関係」も「母子の特殊な恋愛関係」も、A,B,C,Dの問いかけに対して、概ね似通っているであろうと考え、こういった対比を作ってみました。

いかがですか?



ご自身の恋愛時代に、彼に対して抱いていた思いやリアクションを思い出してみて、どんな感じだったか覚えていますか?

ご自身の子供時代に、お母さんに対して抱いていた思いやリアクションを思い出すと、似通っている部分はありませんか?


もし、あなたが恋愛時代に抱いていた思いやリアクションを、我が子も自分に対して同様に持っているとしたら、それに対して一概に責められないかもしれません。

◆「母子の特殊な恋愛関係」という視点を知る

「男女の恋愛関係」「母子の特殊な恋愛関係」を見てきました。

いかがでしたか?


男女の恋愛と母子の関係は違うって思われたでしょうか。

それとも・・・

「あら? 似ているわね。」って思われたでしょうか。



ご自身の子供時代や恋愛時代をもう一度思い出してみると、「母子の特殊な恋愛関係」というものが、よりリアルに理解できるのではないかと思います。

得てして、子育てというものを「マイナス・リターン」に代表されるような態度で接することを正しいと考えてしまいます。

そして、子育てというものを「プラス・リターン」に代表されるような態度で接することを誤りと考えてしまいます。



「ちゃんとしつけをしなくては!」

「甘えさせることは、この子のためにはならない!」

「一定の距離で接しないと、ダメな子になってしまう!」

「心を鬼にしてでも厳しく接することが子供のためになる!」

「私も、厳しく育てられた!」

などなど・・・



このような固定観念が、ついつい「マイナス・リターン」を正当化してしまうわけですが、子供からすれば、恋い焦がれる母親からの失恋通告でしかないわけです。



「僕(私)は、ママのこと好きなのに・・・」



この思いが叶わない子供達は、「好き」になることに臆病になり、人間関係においても、積極的に人と関わりを持てなくなる可能性があります。



「ママは、あなたのこと大好きよ。」



この言葉が、子供にどれだけの勇気と自信を与えるのか、想像してみて下さい。

◆人生相談屋による子育て相談

母子の関係についての視点を一つ紹介させて頂きました。

この一つの視点を得ることによって、今までの見方がガラっと変わることもあります。

今までのご自身が持っていた視点以外のものを知ることにより、ご自身の視野が広がることで、子供に対する接し方も大きく変わると考えています。


いかがでしょうか?


人生相談屋では、様々な視点を提供する中で、お母様方の困難な部分を和らげるお手伝いができると考えています。

今回の視点は、あくまで一例です。

一人一人の状況や心情に合わせて、多くの話を聴かせて頂きながら、その方に合った視点を提供させて頂きます。

何か感じるところがありましたら、ぜひお問い合わせしてみて下さい。

心よりお待ちしております。

トップページへ





WHAT'S NEW

2011.08.01
料金改定
2011.07.31
プレコース終了
2010.05.05
料金改定
2010.05.02
フォーム内容の一部変更
2009.8.09
料金の改定
2009.7.24
メインメニュー、オプションメニューの変更
2009.7.05
・携帯サイトQRコードをアップ
2009.7.01
・サイトマップの追加
2009.6.29
・リンク集の追加
2009.6.24
・子育てママの悩みをアップ
・夫婦関係の悩みをアップ
2009.6.20
人生相談屋スタート

人生相談屋の特徴

悩みをじっくり聴く専門家である。

3つの視点を持っている。

・30分、10,000円からの相談。

メインメニューオプションメニューがあり、選べる

lifemenu.jpg
※クリックすると、画像が拡大します。

メニュー・料金・申込みへ


スカイプ電話メールにて相談できる。


お問い合わせへ

お気に入り

『人生相談屋』をお気に入りに追加しよう!

        ↓↓





※Fireboxの場合、上記ボタンでブックマークした場合、サイドバーにページが表示されてしまいます。
その場合の対処方法は、ブックマークしたタイトルの上にマウスを持っていき、右クリックでプロパティを開きます。
ダイアログボックスの下の方に、「このブックマークはサイドバーに読み込む」という表示がありますので、そのチェックボックスをオフにすればOKです。